So-net無料ブログ作成

引き寄せという収縮 [願望実現]

肉眼で見えるこの現実世界を成り立たせているのは、見えない内側なのです。見えない内側の表れが外側のカタチとなって現実化します。内なるものが外へカタチをとるだけです。内なる心のありよう、愛のありようが、自動的に外へ具体的な結実となるのです。そして、この結実なくして、何かを受け取ることなど不可能です。 完全なる万物一体愛の神意識に至る以前に、愛の進化には4段階があります。 1・愛がほしいだけ 2・ギブ&テイクという損得をもとにした愛の取引(かけひき計算) 3・愛をただ発動して与えることしか思っていない。 4・与えるとか、受け取るとか、そういう区別さえどうでもよくなっている。ただ愛の状態にある。 1は、まだ完全に動物意識。2は、動物意識の頂点である人間意識。3からは神意識。 虚空から生まれる命の動きには二つの働きが備わっており、遠心力と求心力の双方向システムになっています。愛の方向が二つで一対です。A:中心から外へ拡大(発展繁栄・神化)しようとする愛 B:中心へ収縮しようとする愛 Aは創造結実に向かっていくエネルギーなのです。愛の遠心力です。発展・繁栄を欲求する愛の動きです。積極的な側面です。「愛を与えよう」という意志です。Bは受け身的で控えめな側面の愛です。消極的な側面です。受容性です。「愛を与えられよう」という受け取る側面です。 愛を感じると、自動的にいやでも拡大するのです。愛だけが拡大増殖のエネルギーだからです。ただ、愛という肉眼で見えないものが、拡大だけの方向性しかなかったなら、どこまでいっても見えるカタチでの結実が起こりません。どこかで動きが止まってくれるからこそ、結実(現実化)起こるのです。 動きが止まってくれるのは、愛の源泉へ戻ろうという、収縮しようとする働きによってです。愛の拡大が止まってくれて、結実になったあとは、ありがたいことに自動的に源泉である中心の方へ戻るのです。中心へと引き寄せられていくのです。これもまた「収縮しようとする働き」のおかげです。 多くの人が引き寄せという収縮の方向(収縮の動き)を主に願っていますが、真っ先に愛の放出や拡大がないのに、当然そこからの結実もないのに、一体何を引き寄せるというのでしょうか?しかも引き寄せのエネルギーは、収縮と破壊のエネルギーですから、引き寄せだけを願っていると、創造の愛が崩壊することしか起こりません。愛と至福の心の種子を自ら、蒔いてもいないのに、回収することなどできるはずがないのです。

共通テーマ:学問